カーリサーチTV

自動車モデルチェンジ動画、クルマ系YouTube

2月新車販売台数、ホンダ フィット vs トヨタ ヤリス結果は

2020年2月は、10日にトヨタ ヤリス、14日にホンダ フィットがフルモデルチェンジ発売となり、国内の新型Bセグメントハッチバック車の動向に注目が集まった。
これら両モデル、2月の販売台数は、フィットが8221台、ヤリスが3491台という結果となった。
国内の新車販売が消費税増税以降、5ヶ月連続で前年同月比マイナスというなかであるが、セールス面ではフィットがリードする形となった。

それぞれに設定された月間目標台数は、フィットが10000台、ヤリスが7800台。
台数的な決着は発売前から決まっていたようなものであるが、新車全体の販売が落ち込む中、フィットはまずまずのスタートをきることができた。
フィットは本モデルで4代目となり、室内の居住性をさらに向上。
親しみやすいエクステリアや、全車速追従付ACCを標準装備とするなどファミリーカーとしての需要に応えた。

一方で、従来型ヴィッツを後継するヤリスは、ホットハッチらしいエクステリアを採用し、3本スポークステアリングホイール、ハンドブレーキなどを装備。
さらに最上級のGRヤリスはパワートレインに直列3気筒1.6Lターボエンジン、四輪駆動システムのGR-FOURが導入される。
スポーツイメージが高められ、顧客ターゲットがあえて絞り込まれた印象である。

#1 匿名さん2020/03/06(Fri)15:45:03ID:dkYjE0ZTmZ
「やはり日本は、つまらない車が売れる国だった」
そう納得しそうな人、果たしてそうだろうか?
経済性で軽を積極的に選ぶ人々が、増え過ぎた軽からの化で選ぶ新型FIT。
N-box系のシェアがFITに流れ、車の嗜好性が高まるための転換期とも言えるのでは?
#2 匿名さん2020/03/06(Fri)20:55:26ID:Q4ZjM2ZWjO
ちょっと何言ってるか分からない
#3 匿名さん2020/03/07(Sat)16:13:55ID:RkZjRkYzTZ
#1は日本語学校にまず行こう
#4 匿名さん2020/03/07(Sat)23:33:01ID:MzZTFiMzjN
まぁヤリスはこんなもんじゃないでしょうかね
トヨタはハイブリッド欲しけりゃアクアもあるし
ガソリン車でよければSUVだけどライズも出たばっかだし
他にもルーミーとかあるし
#5 匿名さん2020/03/11(Wed)00:36:03ID:c1MjFiYmDZ
何となくモヤーっとしたデザインかな
#6 匿名さん2020/03/11(Wed)02:25:51ID:FiNTgzMWTZ
競合車種がトヨタ内にあるからでしょ。
フィットは荷室に高さがあるから使い勝手がいいんだろ。
燃費だけでは選べない

名前(任意)
コメント