カーリサーチTV

自動車モデルチェンジ動画、クルマ系YouTube

フィット、ヤリス(ヴィッツ後継)どっちを買うべきか、トヨタ ホンダ新型Bセグ

トヨタ新型ヤリス、ホンダ新型フィットを比較

2020年2月にヴィッツ後継トヨタ・ヤリス、ホンダ・フィットがともにフルモデルチェンジを迎える予定となっている。これまでBセグメントハッチバックカーのライバル関係であり続けた両モデル。次期型では、ドライバーズカーのヤリス、ファミリーカーのフィットとキャラクター分けがはっきりされる。
このあたり詳しく解説していく。

エクステリア

まずは新型ヤリス、新型フィットのエクステリアの比較から。

ヤリス

ヤリスは従来型ヴィッツからヘッドランプが小型化され、やや鋭い目付きとなった。フロントグリルはシングルフレームタイプでブラック樹脂のバンパーラインが剥き出しとなる。スポーティーな演出がなされた。
グリル左右のエアインテーク調デザインも主張が強い。サイドはヘッドランプ目尻からリアフェンダーにかけて角度を大きくつけたキャラクターラインが入れられ、躍動感が強く表現される。
バックドアは、ラゲッジ容量と後席ヘッドクリアランスが削られるというデメリットを受け入れ、大きく傾斜がつけられた。これによりアグレッシヴなホットハッチらしいシェイプに仕上げられている。
リアコンビネーションランプは左右連結型で立体的に造られ、存在感が与えられた。
ブラック樹脂のアンダーガードがフロア下から回り込み、標準モデルながらもWRCのイメージが表現される。

ヤリス リアコンビネーションランプ

フィットのフロントデザインは、5つの内外装バリエーションが用意された。柴犬がモチーフということで、いずれも親しみやすい顔付きに仕上げられた。
BASIC(ベーシック)、HOME(ホーム)、NESS(ネス)、LUXE(リュクス)はフロントグリルが閉じられたデザインでより大人しい印象。中でもNESSは専用カラーリングでフィットネススポーツのイメージが与えられている。

フィット LUXE

SUVテイストのCROSSTAR(クロスター)はフロントグリルが開けられ、やや力強い印象となる。CROSSTARは樹脂製のホイールアーチとアンダースカートを採用し、ルーフレールも装備。最低地上高は30mmアップでアウトドアで使いやすい仕様となる。

サイドエクステリアはドアハンドル高さにキャラクターラインが一本で非常にシンプル。基本的には従来型同様のワンモーションフォルムが採用されており、広い室内空間が実現されている。

運転席

ヤリスのドライバーズシートは、フィットと比較して後ろ寄りに置かれている。ドライバーズカーとして、より自然なポジションと感じる。
イージーリターンシートは地味ながらも便利で、ヤリス全車標準装備となる。シートの定位置を設定しておくと、ちょっとしたシート移動の後、元のポジションに簡単に戻すことができる。
Aピラーは立たされて、斜め前方視界が改善している。三角窓は廃止となった。
これによりフロントガラスが立ち気味となったが、シート位置が後ろ寄りなので、フロントガラスからの距離感はワンモーションフォルム採用のフィットと互角に感じる。

ヤリス トヨタ

ただし、後ろの視界、とくに斜め後方の視界は同クラス車種と比較して、かなり悪い方だろう。スポーティーな外観のためリアウィンドウが寝かされ、Cピラーも太い。リアクォーターウィンドウも無い。標準的なBセグメントハッチバックカーと比較して後方確認がしづらい。
こういった弱点を補う意味でも、駐車支援機能、パーキング・アシストの設定が用意されている。

ヤリス フロントグリル

フィットのドライバーズシートもかなりの工夫がみられる。こういったフロントガラスが前に出された車は、Aピラーが邪魔で斜め前方の確認がしづらいという欠点があった。ところがフィットのAピラーはかなり細い。これにより三角窓周辺の視界が大幅に改善されている。

フィット Aピラー

モノコックボディの強度を主に担うのは三角窓の後方フレームで、ここが太く造られており、構造上のAピラーということになる。三角窓前方フレームはあくまで窓枠としての機能のみだろう。衝突事故時には太い後方のフレームが支えとなりサバイバルゾーンが確保される。
運転席からの後方視界は、バックドアが絶壁状に立たされ、リアクォーターウィンドウも設定されているため良好に感じる。パーキング時の距離感覚、車幅感覚も掴みやすそう。

フィット シート

シートのでき自体はヤリスとフィットどちらも互角で、ロングドライブもこなせるしっかりしたものである。

フィットのエンジンフードの高さは違和感を覚えた

ここでフィットの弱点を一つ述べておく。エンジンフードの位置が高すぎて前方視界が悪い。もちろん標準男性体型の私が乗り込んでもヘッドクリアランスはまだ余裕がある。シート高を上げることでの改善は可能だが、なるべく低いポジションで乗りたいという人は多いはず。

ヤリスはエンジン搭載位置を低く設定し、エンジンフード位置も低くなっており、前方視界が良好。ただし、そのしわ寄せは結果的には、フロントシートが後方寄りとなることで、後席スペースの削減へとつながっている。2名以下乗車を優先するヤリス、3名以上乗車を優先するフィット。設計思想の違いがこのあたりに出ている。

インパネ、操作系

ヤリス インテリア

ヤリスのインパネ周り、ナビゲーションシステムはタブレット端末風のデザインでヘッドアップディスプレイも備わる。こういった近年のトレンドを素直に取り入れた部分もあるが、ハンドブレーキ、3本スポークステアリングホイールなど手に触れる部分は、従来的なものが敢えて残されている。

フィット グローブボックス

フィットはエンジンフード位置が高いということだったが、この流れでダッシュボードの位置も高くなる。
その副作用と言ってもいいだろうか。助手席のグローブボックスが上下2段設定され、収納が充実されている。
パーキングブレーキはボタン式。
2本スポークステアリングホイールは新型EVのホンダeと通じる部分がある。

リアシート

ヤリスのリアシートは、いかにもコンパクトカーの後席に乗り込んでいるという閉塞感がある。ただし、それほど狭いかというとそうでもない。フィットほどの余裕は無いものの、大人でもしっかり座れるサイズでニースペースもクラスを考えれば必要十分である。シートにも厚みがあり好感が持てる。ただ、リアクォータウィンドウが無いというのは、視覚からくる閉塞感に繋がっているだろう。

ヤリス 後席

フィットの後席は、リアクォーターウィンドウも設置されており、気持ち的にも開放感がある。実際の寸法もヤリスより大きいと感じる。4名乗車で多少の距離をドライブしてもコンパクトカーにありがちな後席乗客のストレスは少ないはず。

フィット リアシート

ボディサイズ

ヤリスのボディサイズは、全長3940mm×全幅1695mm×全高1500mm、ホイールベース2550mm。
フィットは全長4050mm×全幅1695mm×全高1520mm、ホイールベース2530mmとなる見込み。

フィット シートアレンジ

比較するとフィットの全長が110mm大きく、そもそものボディサイズの違いも、リアシート、ラゲッジスペースの余裕に繋がっているだろう。

ヤリス バックドア

ただ、それ以上に設計思想の違いが大きく反映されたと感じる両モデル。
概ね、2名以下乗車メインならヤリス、3名以上乗車時を重視するならフィットの選択で結論づけてもいいのではないだろうか。

#1 匿名さん2020/01/17(Fri)11:17:04ID:I3YzJjNDWM
スライドドアにして欲しかった
ヤリスの方がホイールベース長いのに上屋が狭くて勿体無いね

名前(任意)
コメント